臨床現場という医療機関とは違った環境で働こう

医療機関の医師とメディカルドクターの業務の違い

医療機関で働く医師は、患者への治療や診察等がメインとなりますが、臨床現場で働いているメディカルドクターは、製薬会社内で新薬の開発を進めていくことを目的としています。外資系企業が多くありますが、近年、内資系製薬会社でも需要が高まっている傾向があります。患者に喜んでもらうという最終的な目的は同じですが、薬で喜ばせるか、治療で満足してもらうかという点に違いがあります。

経験を活かせば高収入も夢じゃない

メディカルドクターの年収は、もちろん医師によって差が激しくありますが、年収1500万円以上は期待が持てると考えられます。実績や能力、これまでの症例なども深く関係してくるので、場合によっては高額な年収を得ることも可能なのです。治験業務の経験がある先生は、今以上の収入を得られる可能性があるので、是非ご検討してみてください。

英語を得意とする医師にとって最高の現場

外資系企業へ転職をする場合、必ず英語能力が必要になります。どのくらいの英語能力を求めるかは、企業によって異なります。日常会話ができる程度で構わないという企業もあれば、TOEICで700点以上のスコアを出せる人というような条件を提示している企業もあります。いずれにせよ、英語力のある先生にとって、臨床開発の現場は最高の環境になります。持っている全ての能力を活かして、転職を成功させましょう。

メディカルドクターに関心のある先生は、医師求人サイトから、新薬開発に携われる求人を探してみてください。お忙しい先生にとって求人サイトは不可欠なサービスになるはずです。コンサルタントが全て代行するので、スムーズに職場探しができます。