産業医の待遇が良いのは本当か?

産業医になるために必要な資格とは?

産業医として活躍するためには、医師免許だけではいけません。1996年に法が改正されたことによって、次に挙げる資格が必要です。◆日本医師会認定産業医◆産業医科大学の基本講座修了者◆労働衛生コンサルタント これらの資格と医師免許があれば、産業医として活躍できる可能性があります。場合によっては産業医の経験が必要という職場もあり、事前の確認が必要になるでしょう。

医療機関よりも楽な印象があるけれど…

医療機関で働くよりも、産業医として活躍したほうが楽なイメージがあると思います。実際、医療現場で働くよりも、リスクが少なく、不規則な勤務やあり得ない程の残業をするようなことはありません。企業での勤務となるため、完全週休2日で働けますし、基本的に定時で帰宅可能です。健康診断などがメインとなるので、精神的、肉体的な負担も少ないと思います。

将来も安心できる産業医になるために

企業で働くということは、企業の経営状態が深く関係しているということです。医療機関で働いていれば医師不足のため、首を切られるようなことはほぼないに等しいと言えます。しかし産業医になると、企業が倒産してしまった場合、職を失う可能性があるのです。産業医への転職を考えているのであれば、経営状態が安定している企業をチェックしないといけません。医師求人サイトなどを利用して、将来安心できる企業を探すことをお勧めします。

産業医への転職には、医師求人サイトが有効です。企業の経営状態などの情報もコンサルタントが伝えてくれるので、将来性のある職場を見つけることができます。